着物deおでかけしま専科

たまには着物でビシッとキメてお出かけ

着物deおでかけしま専科
着物デート
着物女子会
友人の結婚式
初詣
お子様の行事
着物買取、着物に関する言葉・ことわざなどの雑学
様々な髪型と相性の良い着物は着物買取に売れます
サイトマップ

お子様の行事

母親になり着物を着用する機会は、お子様の行事の時などがチャンスとなります。普段あまり着ることのない方は、着付けをしてもらいに美容室などに予約を入れる方もいらっしゃいますが、期間が十分にあるのであれば、着付け教室で学ぶのもおすすめです。着付けを学べば着用中に着崩れてしまったときに、慌てずに自分自身で直すことが出来るようになりますし、お友達の着付けのお手伝いも出来て感謝されたりもします。

ですから、最近は無料の着付け教室が開かれる事も大変多いですから、そのような会に参加して一度体験してみると良いでしょう。着付けばかりではなく、柄の合わせ方や種類も学べて詳しくなりますし、立ち居振る舞いなどの所作も、このような教室で学ぶことが可能になります。やはり普段着ている洋服とは違う行動を取らないと、はしたなく見えてしまったり、着崩れも早めにおきてしまいますから、所作は重要な部分になります。

1人で習いに行くことに抵抗がある場合には、ママ友等を誘ってみると良いです。同じように着付けを習いたがっているママ友もいるでしょうし、より仲間同士の交流を深めることにも繋がりますから、普段交流が苦手な人はこのような機会を上手に利用しましょう。お子様の行事の主役はあくまでもお子様になりますから、場違いになってしまうような派手な着物は悪目立ちしてしまいます。確かにお子さんの成長を祝う入学式には、いつもの洋服よりも和装の方が艶やかで、お子様の記憶にも残る素晴らしい行事体験になるでしょう。

しかし季節が春だからと鮮やかな柄の入ったものを着て目立ってしまいますと、他の親御さんから派手すぎる事を指摘されかねませんし、お子様も目立ちすぎる母親を恥ずかしく思ってしまうこともあります。これでは折角の入学式の場の雰囲気を壊しかねませんから、色無地で慶弔などにも着用可能な訪問着が適切となります。訪問着だけでは肌寒さを感じるような場合には、色を合わせた羽織を準備すると良いです。訪問着自体は派手さを抑えて、帯やバッグに華やかさを持たせると、品の良い艶やかさがでて場違いの雰囲気になることはありません。折角のお子さんの成長を祝う入学式ですが、訪問着を購入するには高すぎるという場合には、少し各が下がりますが付け下げも着用が可能です。略式であるだけなので、付け下げでも十分なのです。着物を購入してもきちんと保管管理が出来ないという場合には、レンタルを利用するのも良い方法です。

Copyright©2013 着物deおでかけしま専科 All Rights Reserved.