着物deおでかけしま専科

たまには着物でビシッとキメてお出かけ

着物deおでかけしま専科
着物デート
着物女子会
友人の結婚式
初詣
お子様の行事
着物買取、着物に関する言葉・ことわざなどの雑学
様々な髪型と相性の良い着物は着物買取に売れます
サイトマップ

初詣

1年の幸せを祈る初詣、普段は神社にはあまり行かないけど初詣だけは毎年行っているという人もたくさんいます。それくらい日本人の生活に根付いているイベントと言えます。そんな時、着物でつつましく神社を参拝してみてはいかがでしょうか。きっといつもより背筋も伸びることでしょう。日本人なら着物でしょう、と言う人は少なくなりました。

最近はアンティーク人気もあって、着物好きな人もまた増えてきていますが、残念ながら日常生活に取り入れるにはやや面倒な点があるのも事実です。工夫はなされてはいるものの、機能的とは言い難い形状ですし、お手入れも洋服に比べると手がかかります。その為、お茶やお花のお稽古をしている、和食店で働いているなどのケースを除き、一般的には七五三や成人式、お見合い、結婚式などイベントごとでしか着物は着ないというライフスタイルが一般的になってしまいました。

ですがせっかく美しい民族衣装があるのだから、それではもったいないということで、徐々に着物の人気が上がってるというのが現状です。さほど高価ではないアンティーク着物や洗濯機で洗える着物など、今では若者を中心に自由に着物を楽しむ人が増えてきているのです。とは言っても、仕事や学校に着ていくのはちょっとふさわしいとは言えません。デートで着てもいいのですが、出かける場所によっては不似合いかもしれません。ショッピングに行っても試着もできません。

着物は好きだけど、いつ着ればいいのか…と言う人もいます。ですからそういう時は着物を着るイベントを作ってしまえばいいのです。とはいえ初詣はわざわざこちらが準備しなくても、毎年自然に行われるイベントです。しかも神社ですから、着物を着ていくのにぴったりの雰囲気です。実際に有名神社では通常より初詣の時のほうが着物を着ている人を多く見かけます。女性だけでなく、男性も和装というカップルも珍しくありません。

せっかく日本人に生まれたのですから、着物を着て初詣に行き、1年の幸せを祈るというのもいいものです。ちなみに着つけに関しては、着物や帯の種類で難易度が異なります。半幅帯であれば浴衣とほぼ同じですから、慣れていない人はまずここからチャレンジしてみてはどうでしょうか。初詣の時期は寒いので、羽織や襟巻などのコーディネートも楽しめます。羽織をはおってしまえば帯が多少ずれても目立ちませんから、ある意味着物デビューにちょうどいい時期かもしれません。

Copyright©2013 着物deおでかけしま専科 All Rights Reserved.